タグ:GR DIGITAL ( 238 ) タグの人気記事
悩んだ末に・・・
学生時代に初めて買ったコンプレッサーは、Guyatone のDRIVINE Comresser
f0008102_14112127.jpg
ラックタイプのエフェクターに変えるまで使っていましたが、アンプで音作りをするようになってからはご無沙汰していたエフェクターです(^^;

ところがエフェクターボードを組むことになってMalekko Heavy IndustryのCOMPを入手してからは、イメージ通りのコンプレッサー探しで悩み始めました(苦笑)

先日もお茶の水で複数のコンプレッサーを弾き比べ! って、今時そんなの客さんは少ないはずです(笑)
比較対象にしたのは・・・
f0008102_1418079.jpg

・・・といった感じ♪

アタックがつぶれすぎるコンプは好みでないのですが、YouTubeだけでは参考しにかならないので、自分の耳で確認(^^;

AYA の掛かり具合が深すぎるのは意外でしたが、個人的な好みはDiamondのモデュファイであるmooerのYELLOW COMPでほぼ決まり掛かりました!

ところがオークションで出物を物色している際に、先日木定楽器で弾かせていただいたTBCFXのmicro SQUEEZER の超出物を発見!!
f0008102_14551313.jpg
わざとらしくないギリギリの掛かり具合で結局落札しちゃいました(^_^)v

ちょっぴしゲインを上げ気味にセッティングするのがポイントだそうですが、早くもメインボードから都コンプ(Malekko Heavy IndustryのCOMP)を追い出して居座っています(爆)
[PR]
by Studio-Hi | 2014-05-31 14:00 | Guitar(Instrument) | Trackback | Comments(0)
念願のSoapbar♪
地味に増殖しているGuitar達(^^;
そろそろ打ち止めと思っていた矢先に・・・
f0008102_23505182.jpg
江田さんが仕入れたLes Paul Melody Maker 2014が良い感じ♪

大好きな安藤正容さんもP90仕様のPRSを使っていたので、以前に木定楽器にあるMaCartyを弾いたのですが・・・
f0008102_062040.jpg
リアの音が???だったと記憶しています。

でも江田さんのMelody Maker 2014が気になったので、某楽器店で実際に弾いてみたら「う~ん、使えるなぁ・・・」

そこでもう一度McCartyを弾いてみたら「あれ?この前の印象は何処に???」

やっぱりP90は一本持っておきたい仕様です(^^;

そこで・・・
f0008102_0141978.jpg
さすがにUSA製は高いので、SE245Soapbarをゲット♪

基本的な作りは良いのですが、コストダウンのためにパーツ類は全取っ替えが必要ですね(苦笑)
f0008102_018307.jpg
取り敢えずピックアップをLindy Fralinに換装!
f0008102_0193056.jpg
いつもなら自分で換装するのですが、今回は木定楽器の濱本さんにお願いし、総合調整までお願いしました(^_^)v
換装前に比べ中域の厚みが増して、使える音になりました♪

あとはポットとスイッチとキャパシタと・・・

本体と同じくらいコストが掛かりそうですね(爆)

1:K-30+Tokina AT-X242AF
2:iPhone5S
3~:GR DIGITAL
[PR]
by Studio-Hi | 2014-04-07 00:27 | Guitar(Instrument) | Trackback | Comments(0)
体験レッスン会♪
カワイ音楽教室広島センター体験レッスン会に遊びに行ってきました(^^;

まずは講師陣のミニライブでスタート♪
f0008102_18162798.jpg
f0008102_18163953.jpg

そして体験レッスンは2つまで可能なため、カホンとベースをチョイス!

カホンは何回も購入直前までいきましたが、苦情の元になりそうなので思い止まっています(笑)
YouTubeでもレッスン動画がありますが、やっぱり叩いてみないとね(^_^)
基本的な叩き方と防音対策を教わったので・・・買っちゃおうかなぁ(爆)

よく「ギターを弾けるのなら、ベースも弾けますよね」と言われますが、実は根本的に違う楽器なんですよね。
青木智仁ファンとしては、いつかは華麗に弾きこなしたいのですが、Rocksmithでたまに練習するくらいでは夢のまた夢です(苦笑)
それに下手な癖を付けないように、基礎練習の仕方等を教わりました(^_^)v

お金と時間に余裕が有れば、どちらもトライしたい所ですが、当分はギターに専念ですよね(笑)

GR DIGITAL
[PR]
by Studio-Hi | 2014-04-06 18:47 | Guitar(Instrument) | Trackback | Comments(0)
エフェクターボード再び?~その3~
FBでは進捗状況をレポートしているEffecter Board作り!
実は拙ブログの人気記事の一つです(笑)

音色系と空間系の二つのボードを作っていますが・・・
f0008102_19253571.jpg
音色系のダブルワウによる音質劣化が気になります(-_-)
f0008102_19291874.jpg
空間系に組み込んだTRI-A.C.が今ひとつしっくり来ません(-_-)

思い切って全てをゼロクリアし、C.A.J.をメインボードとして組み、練習等の日常ユースに小型のボードを組むことにしました♪

そこで問題になるのは、メインボードに組み込む空間系エフェクターの制御!
moenのスイッチャーでは4ループ中の3ループしか同時に使えませんので、コンプ&ワウ&歪みの3種類の切り替えで手一杯です。
DITTO LOOPERはtrue bypassなのでスイッチャーの直後でOKですが、空間系をアンプダイレクトとSend-Returnの何れでも使えるようにしようと思うと、夜も眠れません(笑)

あれこれ考えて出た結論は・・・
f0008102_1945732.jpg
メインボードをこんな感じにして、現在調達中のジャンクボックスをパッチケーブルで制御する方向で考えています(^_^)v

そして小型ボードは・・・
f0008102_1947222.jpg
構成はCrybaby+OCD+REECHO+SPARK MINI+α♪
Crybabyがtrue bypassでないのでスイッチャーを使うため、中型ボードになるかも(^^;

また夜な夜なパッチケーブル作りが始まりそうです(爆)

3,4:GR DIGITAL
[PR]
by Studio-Hi | 2014-02-23 19:54 | Guitar(Instrument) | Trackback | Comments(0)
最後のパーツが届かない(>_<)
いよいよ完成が見えてきたNew Guitar ですが、そろそろ届くはずの最後のパーツがなかなか届きません(>_<)

そこで今日の作業は…
f0008102_010492.jpg
ブリッジとしてチョイスしたWilkinsonのVSVGは、ブロックの穴が3弦と6弦だけずれています。

そのため通常のストラト用のバックパネルの穴を加工する必要があり…
f0008102_0173064.jpg
こんな感じで穴を拡張しました♪
f0008102_0182395.jpg
さすがに接写をすると雑な作業であることがばれてしまいますね(^^;

GR DIGITAL
[PR]
by Studio-Hi | 2013-11-13 23:03 | Guitar(Instrument) | Trackback | Comments(0)
ヘッドにかかわる問題点
意外に難航しているのがネックの加工!

マッチングヘッドを目指して、クリアを剥がし、着色をしているのですが…
f0008102_19232758.jpg
なかなかステインが定着せず、多めに塗るとすぐまだらになってしまい、今日も最初からやり直しです(>_<)

一方、リバースヘッドで調達が難航していたペグは…
f0008102_1927787.jpg
ゴールド&マグナムロックと言うことでGOTHOのSG381-MGをチョイス♪

ところが、こちらもまた問題が…ペグ用の穴はクルーソンタイプだったため、穴の拡張が必要です(>_<)
f0008102_19301618.jpg
でも先日実家からリーマを持ち帰っていたので、割と順調に作業が進みました(^_^)v(↑一番右の穴が加工後です♪)

仮装着の状態ですが、こんな感じになりました♪
f0008102_19344679.jpg

実はナットの装着も残っており、今回はネックでも苦労続きです(^^;

1:K-30+smc PENTAX-DA 1:2.4 35mm AL
2~:GR DIGITAL
[PR]
by Studio-Hi | 2013-10-27 19:37 | Guitar(Instrument) | Trackback | Comments(0)
前言撤回(^^;
前回で着色完了し、クリア→磨きに移行しようと思ったのですが…
f0008102_2352389.jpg
敢えてチョイスしたケヤキ系でしたが、どうしてもしっくり来ない部分がありました。

①バインディング風に仕上げる予定のメイプルとのコントラストがいまいち(-_-)

②トップのエメラルド系との相性がいまいち(-_-)

③単色としては綺麗ですが、何となく安っぽい印象(-_-)

以上の理由から、ケヤキ系を下地としてマホガニー系を乗せてみました!
f0008102_23573459.jpg
こちらの方がバランス・高級感共にしっくりきますが、少々まだらですね(-_-)
f0008102_23595966.jpg
現在、オレンジ+イエローのボアステインと、ケヤキ+マホガニーのウレタンニスで修正中。

早速の前言撤回です(笑)

1:GR DIGITAL
2,3:K-30+smc PENTAX-DA 1:2.4 35mm AL
[PR]
by Studio-Hi | 2013-10-10 00:07 | Guitar(Instrument) | Trackback | Comments(0)
少しずつ…
自作も2本目となると手順もイメージ出来るため…
f0008102_2214934.jpg
バックのマホガニーの塗装のためにマスキング!

今回、ピックアップやポットは我が家の在庫を一掃(笑)
f0008102_2217549.jpg
でもよく考えると、Seymour DuncanのピックアップにCTSのポットが在庫してあるところが…恐ろしいですね(爆)
エスカッションとピックアップセレクターは新たに手配♪
特にセレクターは、ストラト用の3接点や5接点ではなく、前から気になっていた4接点をチョイス!
2ハム仕様のRed Violenceと、同じく2ハム(見た目はHSHですが)仕様のWitの良い所取りで、こんな回路にする予定です(^_^)v
f0008102_2223536.jpg
以前はハーフトーンを必須としていましたが、最近はハーフトーンよりフロントシングルの方が使い易いため、潔くハーフトーンはオミットです(笑)

さて作業の方は、ネックとブリッジを吟味中のため、取り敢えずバックの塗装でも始めましょうか…(^^;
f0008102_22313962.jpg
前回の反省を踏まえて、砥の粉で目止めをしました。

1,2,4:GR DIGITAL
[PR]
by Studio-Hi | 2013-09-30 22:33 | Guitar(Instrument) | Trackback | Comments(0)
New Body その2
New Bodyが到着した時に、トップうっすら鉛筆のあと。
f0008102_1740236.jpg
カッタウェイの所に描かれている曲線ですから、こんな加工がしたかったのでしょうね♪
f0008102_17361398.jpg
ハイポジションの弾き易さを考えたら、個人的にはネックジョイント部分を削った方が効果的だと思いますが、既に加工されていましたので、遊び心で加工してみました(^_^)v
f0008102_17421099.jpg
加工前はこんな状態ですから、どの程度削ったかはお分かりいただけるでしょう!
f0008102_17441031.jpg
削った部分が強調されるような塗装プランもイメージ済みですから、乞うご期待(笑)

2~:GR DIGITAL
[PR]
by Studio-Hi | 2013-09-24 00:01 | Guitar(Instrument) | Trackback | Comments(0)
New Body
何気なくなのか? それとも意識的なのか?

6月に至近距離で見た和田アキラさんのPlay♪

恐らくそれ以来、思い出したようにヤフオクを覗いていました。

狙うはストラトタイプのBody!
それもピックガードレスで、出来ればキルト系のトップ♪

でもそんな出物がそう簡単に見つかる訳も無く…(^^;

まあ、気長に探そうと思って思い出したようにヤフオクを眺めていると…
f0008102_021587.jpg
何かイメージにかなり近いBodyが♪
兵庫の某工房からのジャンク品ですが、一目見てグッと来てしまいました(笑)

同時にHSH仕様とアッシュの2ハムが出品されており迷いましたが、念の為に最初に終了時間が来るアッシュ材に入札!
本命はキルトメイプルなので、熱くなり過ぎないように最初から予算を決め、一時は最高値を付けましたが、終了間際に逆転。
いつもなら突っ込んじゃうのですが、ここはグッとこらえて本命にスイッチ(^^;
きっとアッシュを落とした方が念の為に入札していたのでしょうか?意外とすんなり落札しました(^_^)v
f0008102_047830.jpg
Studio-H Telecasterと同じメイプル&マホガニーでセミホロー♪
F字ホールがある分、セミホロー感があります(笑)

そして到着した時の第一印象は「えっ! こんなに軽いの?」とビックリするくらいの軽さ!
たぶん我が家で1,2を争う軽さです。
f0008102_0514515.jpg
でもトップのメイプルはバリバリのキルト系♪
しかもラウンドトップで元の厚さは15mm近くあります。
f0008102_0543454.jpg
軽さの理由はマホガニーを相当削ってホロウ部分が多いからだと思われます。

エフェクターボードも完成していないのに、また厄介な物を入手してしまったと…喜んでおります!(爆)

GR DIGITAL
[PR]
by Studio-Hi | 2013-09-12 00:58 | Guitar(Instrument) | Trackback | Comments(0)