Blue VIOLENCE
まったくカメラマン泣かせのGuitarです(苦笑)
f0008102_2345624.jpg

撮影する度に、この色を再現できないことに敗北感を味わうため、紹介が遅れてしまった一台です(^^;

前回紹介した(←いつの話だ?)Guitarを手にしてからも、愛器探しの旅は続いていました。

当時の希望条件は5つ!

①ストラトタイプで、色はエメラルドグリーン系
②エボニー指版で太めのフレット
③ロック式のトレモロユニット
④フロントは甘く、ハーフトーンはクリアで、リアはパンチのある音を出せること
⑤操作性に優れていること

お金をつぎ込めばいい楽器が出来るかと言えば、そうでもありません。
やはり自分の感性を理解してくれるビルダーでないとダメなんですよね。

特に、感覚的な音の好みは伝えるだけでも一苦労なのですが、それを難なく理解→解決してくれたのが、今は無き「GUITAR VIOLENCE」でした。


まずはボディ色のエメラルドグリーン(例えるならオンネトー(北海道の湖です)の色)のイメージを伝えると、「こんなのどうですか?」と見せてくれたのが、ブルーの「STRAT ULTRA」
f0008102_2361438.jpg


「GuitarやBassは弦楽器だから、ネックがいい加減では弦振動をしっかりと伝えられない」が土屋社長の持論。

「予算を有効に使うため、これにGUITAR VIOLENCEのネックを組み合わせましょう!」

見た目のイメージが出来ると、パーツ選びもはかどります(笑)

当時の仕様はこんな感じ♪
Body:Alder, Figured Maple Top & Back
Neck:Maple & Ebony & Jumbo Fret
Pickup:Seymour Duncan SSL-2 + GUITAR VIOLENCE Original + Seymour Duncan SH-4
Tuning Key:moon CROCODILE
Bridge:GOTOH GE1988T(GG)
Control:1Vol(Hi Pass Condenser) + 2回路3接点5ポジション Selector + 1 mini SW

サーキットは、5ポジションではF+F&M+M+M&R+R(シングル)と言うオーソドックスなストラト配線で、mini SWでどのポジションからもR(ハムバッキング)に行けるLive仕様です♪


f0008102_2373089.jpg
Neckは、当時最も薄いと言われていたIbanezより更に薄かったためなかなか慣れず、結局作り直した所、運よく虎杢が付いてきました(爆)
しかも音の輪郭がはっきりして、あまりの違いに驚嘆した記憶があります(^^;


f0008102_2382892.jpg
その後、Front Pickupが逝ってしまい、現在はDiMarzioのVirtual Vintage Solo Pro(DP414)に換装しています。


鳴りが良過ぎるので、きっちり弾かないとミスまで分かってしまい、SCHECTER GUITAR RESEARCH ST265とは違った意味で騙しが効きませんが、間違いなくメインの1本です♪


*istDs+PENTAX-FA ZOOM28F3.2-105F4.5AL
[PR]
by studio-hi | 2008-09-23 13:07 | Guitar(Instrument) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://studioh.exblog.jp/tb/9153203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hotwheels875 at 2008-09-25 19:51
奇麗なギターですね。うっすら木目が見えていい感じですねえ。
きっと弾くのも、眺めるのも楽しいでしょうね。

カメラもそうですが、ギターもコレクション性の高い趣味ですね。
弾いてこその楽器ですが、自分の部屋にお気に入りのギターが
何本も並んたら素敵でしょうね。
Commented by studio-hi at 2008-09-27 00:06
ほっちゃん、こんばんは!
>綺麗なギター
そうなんですよ。
この色に一目惚れしてしまいました(笑)
>コレクション性の高い趣味
それって沼が深いって言う意味ですよね(^^;
ご指摘の通り、並べて楽しんでいる方が多いかもしれません(爆)
<< 衝動 誕生日 or ハロウィン >>