PEARCE G1
こらえきれずに…
f0008102_18430.jpg
試奏しちゃいました(^^;

滅多にお目にかかれないPEARCE G1

昔一回だけスタジオで弾いたことがありましたが、上手く音作りが出来なかった記憶があります。
それから15年以上たった今、多少は音作りのツボを心得てきましたので、リベンジです!(笑)

さすがにパワーアンプ&スピーカーボックスは用意できませんので、JC-120のエフェクトリターン端子を使って代用しました。

2つのチャネルのキャラが全く異なり、1チャネル(レッド)はボトムのしっかりした感じのクランチからトランジスターらしい(?)歪みをカバーし、2チャネル(グリーン)はくせの無いクリーンから心地よいクランチサウンドをカバーしています。

両チャネル共にDrive5.5~6の辺りで急激にキャラが変わりますが、個人的にはDrive3.5~4.5辺りが好みの感じでね。
f0008102_3515652.jpg
面白いのはブーストスイッチで、ノーマルだとソリッドステートのアンプの音ですが、ブーストをONにすると強くピッキングした時のクリップ感がチューブっぽくなります♪

Midの周波数を可変出来るようになっていて、さらにブーストスイッチでのキャラクターの変化を考えれば、結構多彩な音作りが出来そうです。


今なら使いこなせる自信がありますし、レアものかつお値打ち品ですが…

「これ以上アンプを増やしてどうする!」

「Bogner/TRIPLE GIANTがあるだろう!」

「こんな出物は滅多にない!」

あぁ~!! 悪魔のささやきが…(爆)


GR DIGITAL
[PR]
by Studio-Hi | 2011-12-02 22:22 | Guitar(Instrument) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://studioh.exblog.jp/tb/16902149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 同窓会開催 今日から始まりました! >>